# Data オプション
breaking

# 概要

  • 破壊的変更: data コンポーネントオプション宣言はプレーンな JavaScript object を受け入れず、function 宣言を期待します。

  • 破壊的変更: ミックスインや継承で複数の data 返り値をマージする場合、マージはディープではなくシャローになりました(ルートレベルのプロパティのみマージされます)。

# 2.x での構文

2.x では、data オプションは objectfunction のどちらか一方で定義できました。

例:

<!-- オブジェクト宣言 -->
<script>
  const app = new Vue({
    data: {
      apiKey: 'a1b2c3'
    }
  })
</script>

<!-- 関数宣言 -->
<script>
  const app = new Vue({
    data() {
      return {
        apiKey: 'a1b2c3'
      }
    }
  })
</script>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19

これは状態が共有されているルートインスタンスに関してはある程度の利便性をもたらしましたが、ルートインスタンスでのみ可能であるという事実のため混乱を招きました。

# 3.x での更新

3.x では、 data オプションは object を返す function 宣言のみ受け入れるよう標準化されました。

上記を例にすると、コードの可能な実装は 1 つだけです:

<script>
  import { createApp } from 'vue'

  createApp({
    data() {
      return {
        apiKey: 'a1b2c3'
      }
    }
  }).mount('#app')
</script>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11

# ミックスインをマージする挙動の変更

このほか、コンポーネントとそのミックスインや継承元の data() がマージされる際に、マージはシャローで行われるようになりました。

const Mixin = {
  data() {
    return {
      user: {
        name: 'Jack',
        id: 1
      }
    }
  }
}

const CompA = {
  mixins: [Mixin],
  data() {
    return {
      user: {
        id: 2
      }
    }
  }
}
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21

Vue 2.x での $data の結果は:

{
  "user": {
    "id": 2,
    "name": "Jack"
  }
}
1
2
3
4
5
6

3.0 では、このような結果に:

{
  "user": {
    "id": 2
  }
}
1
2
3
4
5

移行ビルドのフラグ: OPTIONS_DATA_FN

# 移行の戦略

オブジェクト宣言を利用しているユーザーには以下を推奨します:

  • 共有データを外部オブジェクトとして抽出し、それを data のプロパティとして使う
  • 共有データへの参照、新しい共有オブジェクトを指すようにを書き換える

ミックスインのディープマージに依存しているユーザーには、そのような依存を完全に避けるためにコードをリファクタリングすることをお勧めします。ミックスインのディープマージは非常に暗黙的であり、コードロジックの理解やデバッグがより難しくなる可能性があります。

移行ビルドのフラグ:

  • OPTIONS_DATA_FN
  • OPTIONS_DATA_MERGE

Deployed on Netlify.
最終更新日: 2021-06-19, 04:36:37 UTC